映画るろうに剣心最終章!ストーリーをおさらいして備えよう!

実写るろうに剣心ついに最終章へ!ストーリーをおさらいして備えよう!

ついに続編の公開が明らかになった実写るろうに剣心劇場版。

本作のキーパーソンとなる雪代縁の配役が新田真剣佑さんになったことでも注目を浴びていますね。

この記事ではるろうに剣心を1ミリも知らないけど、めっちゃ映画気になる!!って方たちのために

るろ剣にわかの私によるにわかのためのストーリー、魅力紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

大人気映画るろ剣はどんな映画?

佐藤健さん主演の劇場版るろうに剣心は少年ジャンプで連載していた漫画版を実写化した映画です。

かんたんな内容としては明治時代を舞台に刀をメインにした戦闘が繰り広げられるアクション映画です。

漫画、特に現実離れしたアクションの多いバトルものは正直なところパットしない実写化映画が多数見受けられ、るろうに剣心も例にもれず残念に終わってしまうのではないかと当時のファンは心配していたようです。

しかしいざ公開されると評判はうなぎのぼり!

キャスト自ら挑んだ人間の限界に近い渾身のアクションシーンに魅了された方が多かったようです。

内容についてもただ戦闘を繰り返すだけでなく、

主人公剣心を中心にした登場人物たちの心情描写がしっかりしていたことも作品の評価につながったようです。

るろ剣のストーリーをおさらい!

るろうに剣心

実写るろうに剣心第一作。観客に衝撃を与えた名作です。

 

幕末の京都の裏社会に存在した最強の暗殺者「人斬り抜刀斎」。その活躍により時代は明治へ。

殺しから足を洗い平和な世を生きる元人斬り抜刀斎・緋村剣心は不殺の誓い・逆刃刀を腰に流浪人として日本を旅していた。

その旅路で事件を解決した縁から、道場で師範代をしている神谷薫と行動をともにすることに。

道場の恵まれた立地から阿片商人・武田観柳に狙われた薫や、阿片を無理やり開発させられていた高荷恵らを救い出すべく観柳や、剣心に異様な執着を見せる辻斬り・鵜堂刃衛らに戦いを挑む。

るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編

第二、三作目です。個人的にも大好きでかなり熱い作品ですが大ボリュームなのでがっつり要約していきます。笑

京都大火編

幕末の時代、人斬り抜刀斎に匹敵するほどの実力を持っていたとされる「影の人斬り」・志々雄真実。その凶暴性から志々雄は維新派が勝利した最後の戦いの際に同士に斬られた上に火をつけられ葬られる。

しかし、志々雄はかろうじて生き延びており復讐「国盗り」を果たすべく力を蓄えていた。

志々雄の暗躍を止めるべく動いた剣心だったが志々雄の右腕である瀬田宗次郎との戦いで逆刃刀を折られてしまう。その後志々雄の刺客を退けながら、逆刃刀の生みの親・新井赤空が残した最後の一振り逆刃刀・真打ちを赤空の息子青空より授かる。

ついにはじまった志々雄による京都大火。

剣心とその仲間たちが応戦し戦場は収束へ向かったかと思われるも志々雄や精鋭たちの姿がないことから真の狙いは別にあると気づいた剣心。

それと同時にさらわれた薫を追って志々雄の潜む軍艦「煉獄」に乗り込むも、人質に取られた薫を救うべくともに海へ放り出される。

伝説の最期編

目を覚ました剣心が出会ったのは彼の扱う飛天御剣流の師匠・比古清十郎。

次こそは志々雄を討つべく飛天御剣流奥義の修行を行う。剣心に足りなかった生きたいという強い意思こそが奥義の第一歩と告げられ、比古との真剣による立ち会いの中で奥義を会得。

志々雄の狙いもある東京へ向かう剣心に四乃森蒼紫が立ちふさがる。彼は隠密部隊の御頭であり死んだ仲間への手向けとして剣心を倒し最強の称号をえようとしていた。激闘の末に蒼紫を倒し、政府との一計で再び煉獄へと乗り込む剣心たち。

宗次郎も打倒し志々雄のもとへたどり着くも手練の仲間四人がかりでも志々雄を仕留めきれない。そして一騎打ちとなった剣心と志々雄。

志々雄の策略から大ダメージを負った剣心だが、志々雄への怒りと生きたいという意思から飛天御剣流奥義を放つ。

るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning

そして迎える最終章!!こちらも二部作で大ボリュームですね、期待が膨らんじゃいます。。

こちらは原作での「追憶編」と「人誅編」にあたる内容となります。

この二編では今までよりもより深く剣心の心情に触れることになるかと思われます。頬の十字傷のできた経緯や人斬り抜刀斎になったわけが掘り下げられるでしょう。

人誅というのは天誅からきた造語で天が裁かぬならば自分たちが裁くという意味で用いられます。剣心がなぜそんな恨みを買うことになってしまったのかだったり気になることだらけですね

待望の最終章の見どころは?

なんといっても今まで以上に激しい戦闘シーンでしょうね。キャラクターたちの個性的な技がどう表現されるのか見ものです!

るろうに剣心の魅力として現実と非現実のバランスのとり方が絶妙なんですよね~。原作やアニメを知っている人でもがっかりせず、それでいてどの技を使用したか理解できる再現度。すごいです、、

 

キャラクターたちの衣装もそうですね変な格好ではあるんだけど世界観に違和感なく馴染んでる。上の画像の雪代縁の白髪やサングラスだったり、志々雄真実の全身包帯姿だったり、、笑

 

そういった今までの作品の良さもありながら、さらに深ーーい心情の描写まで加えられてしまったらこのシリーズは伝説になってしまうことでしょう!!

どれだけ期待しても裏切られる不安を一切感じません!いままで観てこられなかった方たちもぜひこの機会にるろうに剣心の魅力にハマっちゃいましょう~~!

コメント