必須アイテム革靴の種類や選び方のポイント!【メンズファッション】

必須アイテム革靴の種類や選び方のポイント!【メンズファッション】
革靴を履いてみたい!でもどんな革靴があるのか、どう選べばいいのか分からない、、、

そんな悩みにお応えします。この記事ではメンズが絶対に持っておくべきな革靴の種類と選び方を紹介していきます。

僕も以前は革靴なんておしゃれな人たちの専用アイテムだと思って避けていましたが、コーデの幅が格段に広がって革靴大好きになってます笑

この記事を読んで皆さんも革靴沼に引き込めたらななんて思っております^^

スポンサーリンク

革靴の種類

革靴を分類しようとすると素材や装飾のディティールなど、とんでもない数になってしまいます。

そのため、最もパッと見の印象を左右する留め具部分で分けて紹介させていただきますね。

素材や装飾について触れておくと、シンプルなものが使いやすいという考え方を抑えていただければ失敗することはないでしょう。

紐付き

出典:WEARWEAR

まずは紐で結んで履くタイプから紹介します。

1番ベーシックなタイプで街中で見かける革靴スタイルのほとんどはこちらを着用していますよね。

紐の存在感が丁度いいアクセントになって黒い革靴に華やかさを与えてくれます。

王道ゆえにどんなスタイルにもうまく高水準にマッチしてくれるオールラウンダーです。

革靴を私服に用いることに不慣れで抵抗を感じる方は、まずこちらの紐付きタイプから挑戦してみることをおすすめします。

ローファー

出典:WEARWEAR

続いてはローファーを紹介していきます。

学生時代に着用していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった意味では革靴の中でも親しみのあるアイテムですよね。

着脱も簡単ですし私服で使えたらラクにフォーマル要素を取り入れられそうです。

しかし、残念ながらコーデに取り入れるのはやや難しめ。

紐などが削ぎ落とされてより洗練されたデザインになっているため、足元がスッキリしすぎてしまいやすいのです。

足元のさみしさが浮かないようにコーデ全体をいつも以上にシンプルに固めたり、ロールアップなどで足回りに工夫を加えてあげることを心がけましょう。

ローファーの強みを潰さないようなスタイリングができるはずですよ。

バックル(モンクシューズ)

出典:WEARWEAR

そして3つめはバックルタイプの革靴。

紐ではなくベルトと金具で固定することで着用するタイプです。

留め具が程よいワンポイントになって、紐とはまた違ったアクセントをもたらしています。

フォルム自体はローファーとほぼ同一でシンプルなデザインですが、金具があることでさみしさを感じさせませんね。

それでいて着脱の容易さは特に変化しませんので、ローファーよりもバックルタイプを僕はおすすめしています。

スポンサーリンク

革靴の選び方

つま先部分

出典:WEARWEAR

革靴を選ぶときにまず注目していただきたいのがつま先部分です。

スーツスタイルで用いるようなつま先がとんがった形状ですと私服にはフォーマルすぎて合いません。

必ずつま先が丸まったものをチョイスするようにしましょう。

またつま先に装飾が施されている革靴も存在しますが、それらも個性が強くコーデが難しくなってしまいますので注意。

装飾のないプレーントゥ(1枚目の画像)や比較的シンプルなデザインのUチップ(2枚目の画像)から選択するのが好ましいですね。

なお、装飾が少ないとそれだけアイテム自体の形状で大きく印象を左右することになります。

シンプルゆえにシルエットやフォルムにはこだわりをもって選ぶようにしましょう。

艶感の強さ

出典:WEARWEAR

素材については深くは踏み込みませんが、素材感はめちゃ大事です笑

まずは人の目にどう映るかが肝心ですからね。

素材感をどう判断するかですが、艶の強さを見ましょう。

画像を見比べていただければわかるかと思いますが、けっこう雰囲気が変わりますよね。

マットな質感だとカジュアル味が増してコーデにさり気なく馴染んでくれるようになります。

逆に艶の強い素材感だとアイテムの主張も強くなるし、ドレッシーな印象になります。上品なコーデに仕上げたいときはこちらが優秀。

エナメル素材なんかは特にツヤっツヤで好みは分かれるかもしれません笑

ソールの厚さ

出典:WEARWEAR

これまた重要なポイント、ソールの厚さです。

最近は落ち着いてはきましたがダッドスニーカーが流行したりと、厚底のシューズが市場に浸透しています。

厚底シューズのずんぐりとしたフォルムがかわいらしいですし、なにより身長を爆盛りできちゃいます笑

底の厚いものを履くだけでものによっては4cm程度は盛れてしまいます。

しかも下半身の長さが増すわけなので、脚長効果でスタイルアップ効果も狙えます、、、

男子で身長に悩んでいる方は多いハズ。革靴に限らず厚底シューズは一度手にとってみることを強くおすすめします。

ちなみにですが高身長の方が厚底を履いてしまうと、高圧的なイメージを与えてしまうかもしれませんのでほどほどに。

まとめ

いかがでしたか?今回は革靴の種類と選び方について紹介しました。

かんたんにまとめます。

  • 紐で結ぶタイプが最もベーシック
  • シンプルなフォルムでつま先の丸いものが◎
  • 艶感は目指すスタイルでお好みに
  • 厚底でスタイルアップも!

まだ私服に革靴を使ったことがない方には抵抗があるかもしれませんが、メンズファッションを楽しむ上で革靴は間違いなく必須アイテムです!

かつての僕のようにあなたのスタイリングに革靴のブレイクスルーが起こってくれたら嬉しいです^^

コメント