春はペールトーンで決まり!メンズのトレンドコーデを庶民目線で解説!

pale

みなさん、ペールトーンしっかり使えてますか?
こんにちは、一般庶民です。

今季大注目のトレンドカラー、ペールトーン。

これを攻略できるかどうかがおしゃれな春コーデを組めるかの分かれ目になってきそうです。

そんなペールトーン。庶民ながらもかっこよく取り入れたいですよね。

この記事ではコーデを見ながらペールトーンを着こなすポイントを紹介していきます!

ペールトーンの取り入れ方に悩んでいる方はぜひご覧ください^^

スポンサーリンク

ペールトーンの春コーデ7選!

ブルゾン

wear

出典:WEAR

ブルゾンのインナーにペールトーンを使ったコーデです。

春のライトアウターとして定番のブルゾン。
ペルトーンを取り入れるにはもってこいです。

前開けスタイルが基本でしょうから、ペールトーンをほどよいアクセントとして使うことができます。

春にしては重そうなカラーのブルゾンとパンツの組み合わせですが、レイヤードのシャツや足元に白をおいておくことで軽やかさも加えられています。

明るいカラーを使うときはペールトーンのみに頼りきらず、どこかに白を添えてあげるよう忘れないようにしましょう。

 

スウェット

wear

出典:WEAR

ペールトーンのスウェットを使ったシンプルコーデ。

スウェットにパンツを合わせて完成という極めてシンプルなコーデ構成です。
気温の上がる春や夏にかけてはこういったスタイルが増えてきますよね。

どこかひとつ変化させるだけで印象を大きく左右することになるので、アイテムが限られた中で印象を作り上げるのは結構難しいです。

特にカラー選びはめちゃ重要。
これひとつで季節感はガッツリ様変わりしちゃいます。

トップスにペールトーンをドカンと置いてあげることで、春らしさたっぷりの爽やかコーデに仕上がっていますね。

 

パーカー×ブルゾン

wear

出典:WEAR

明るめのブラウン系カラーで全身を揃えたワントーンライクなコーデ。

明るいアイテムを使いすぎると輪郭のはっきりしないぼんやりとした雰囲気になりがち。

こちらのコーデのようにアウターを1番濃い色にしてあげると、印象を引き締めてくれるのでおすすめです。

ワントーンぽいスタイルではコーデに立体感を与えるよう意識するとこなれ感を演出できます。

このコーデの中にもタックインやロールアップ、首周りのフードといった工夫がちりばめられていますね。
覚えて損のない効果的なテクニックです。

 

黒シャツ

wear

出典:WEAR

ライトグレーのフレアパンツを使った黒シャツコーデ。

白シャツ、黒シャツは一年通して使っていけるアイテムなので、持っているという方も多いのではないでしょうか。

ただ黒シャツを一枚で使うとなるとちょっと難しい。定番の黒パンツもなかなか合わせづらいですしね。

そんなときに試してほしいのがグレーのパンツです。
モノトーンなので着回し力も高く、トップスのカラー問わずに穿いていける優秀なアイテム。

黒、白、グレーのパンツはまず揃えておくべき必須アイテムですよ。

 

Tシャツ×白シャツ

wear

出典:WEAR

ペールトーンのTシャツを使ったコーデ。

画像だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、半袖のTシャツに白シャツをインナーにしてレイヤードしています。

アームの太さが近いものを組み合わせることで、違和感なく半袖と長袖のアイテムでのレイヤードが実現されていますね。

パンツもベージュで春らしいコーデに仕上がっています。
色が多くカジュアルな印象が強いですが、上から下に向かって色を落ち着かせ最後は黒の靴で締める。
というように重力に逆らわないようグラデーションさせているので、まとまりのあるコーデになっていますね。

 

テーラードジャケット

wear

出典:WEAR

テーラードジャケットのインナーにライトグリーンのシャツを合わせたコーデ。

シャツ×テーラードジャケットの組み合わせはかなりフォーマル要素が強めですが、春っぽいカジュアルな色づかいと襟を抜いた着こなしでうまく着崩していますね。

下半身は黒でシックに固めながらもワイドシルエットでバランスを取っており、革靴で全体を引き締めています。

色づかい、シルエットを柔軟に使いこなしたお手本のようなコーデですね。

 

ロングコート

wear

出典:WEAR

ロングコートを使ったモードなブラックコーデ。
オールブラックは春の季節感にはやや重たい印象になりがち。
なにか雰囲気の和らぐものを取り入れると、春らしいブラックコーデを組むことができます。

こちらのコーデのように明るいカラーのアイテムをひとつ取り入れて、差し色にしてあげるのが実践しやすくおすすめ。

このコーデをそのまま真似するというのはハードルが高いかもしれませんが、セットアップやライトアウターのインナーなどにペールトーンが使えそうというイメージが伝わってくれれば幸いです。

自分には難しそうなスタイルでも、カッコいいと思えたものは学べるポイントが散りばめられています。
テクを盗む眼を養えるとファッションセンスはメキメキ伸びていきますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はコーデとともにペールトーンを着こなすポイントを紹介しました!

春コーデを組むうえでガシガシ使っていきたいペールトーン。

この記事で自分らしく取り入れるイメージはつかめましたか?

自分らしい春コーデを楽しむヒントを見つけるお手伝いになれば嬉しいです^^

コメント