メンズらしさ抜群のライダース!着こなすコツを庶民目線で解説!

riders

みなさん、ライダースジャケット着たことありますか?

結構いかついイメージがあったりして、手に取ったことがないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事ではライダースジャケットの種類と着こなすコツを紹介していきます!

ライダースに挑戦してみたいという方はぜひご覧ください^^

スポンサーリンク

着こなしパターン

シングル

wear

出典:WEARWEAR

ライダースで最もメジャーなタイプがこちらのシングルタイプ。前が重ならずに留まるものを指します。

シングルは装飾が少ないものがほとんどでシンプルめな着こなしが得意なアイテムです。
シンプルな中にもレザーの素材感がアクセントになって、ありきたりでない雰囲気を演出できますよ。

ライダースというと強そうな方たちが好んで着てそう、というイメージもあるかもしれません。
しかし気づいた方もいるかと思いますが、シングルライダースはMA-1とほぼ同じようなデザインになっています。
むしろデザインについて言えばシングルライダースのほうが洗練されていて着回しのしやすいものになっています。なんとなく避けてきた方もぜひ一度挑戦して欲しいアイテムです。

ダブル

wear

出典:WEARWEAR

まさにバイク乗りが着ていそうなザ・ライダース感のあるこちらはダブルのライダースジャケット。

ダブルの名の通り前留めの部分が二重になる構造のジャケットです。
襟も存在感が強くジッパーなどの装飾も多くなり、シングルに比べてアイテム単体のパワーがかなり強くなっています。

それだけカジュアルなアイテムなので、なかなかおしゃれに着こなすのは難しいかもしれません。
シワができにくかったり上品な素材感のものを選ぶと、ある程度着回しが効いてくるので気をつけてみてください。

レザー以外

wear

出典:WEARWEAR

ライダースジャケットといえば黒革のガツンと男らしいものを想像するかと思います。ところがどっこい私服に落とし込みやすいよう違った素材を楽しめるライダースも登場しています。

フェイクスエードやボアで作られたものが多く見受けられますね。
レザー素材はどうしてもツヤ感が出るものなので、それをアウターに取り入れるのに抵抗のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

デザインでいえばシングルはMA-1、ダブルは前を留めなければテーラードジャケットに近い形状になっているので、素材をより親しみのあるものに変えることでいろんなアイテムと一緒に楽しむことができますよ。
ライダースの入り口としてぜひ検討してみて欲しいアイテムです。

スポンサーリンク

着こなしのポイント

外人に引っ張られない

wear

出典:WEARWEAR

ちょっと毛色の変わった見出しですが笑 意外と気をつけて欲しいポイントなんです。
かっこいい白人の方たちと我々日本人では顔のつくりもスタイルも別物。
アメカジスタイルを日本人が安易に真似するとなんだかちんちくりんなスタイルになりやすいのは、根本的な体格の差が原因なのです。

外人の方だと襟やポケットなどの装飾が多いライダースにダメージジーンズという、カジュアル抜群なコーデでも画像のようにかっこよくきまっていますよね。
日本人は骨格の弱点をカバーするためにドレスの割合を多く心がけることが肝心になってくるんです。

すこし話のスケールを大きくしてしまいましたが、コーデは自分の顔つきやスタイルに当てはめて完成するということを意識できるとファッションをより自分らしく楽しめるはずです。気をつけてみてください^^

サイズ

wear

出典:WEARWEAR

ライダースを着こなすポイント、続いてお話するのはサイズ感について。

市場のトレンドはやはりオーバーサイズ一択ですが、ライダースについては話が変わってきます。
シングルはジャストサイズ、ダブルはオーバーサイズがおすすめのサイズ選びなんです。
ライダースジャケットは性質上、肉厚なアイテム。アイテムが独力で形状を保持する能力が高くなっています。

シングルタイプは装飾が少ないぶん素材の硬さが如実に出るので、オーバーなものでは体から浮いたような不自然なシルエットに見えてしまうんです。
ダブルについては逆にジャストめに着用すると肉厚な襟が詰まってしまったり窮屈感が出てしまいやすい。
といったようにライダースは着こなしやすいサイズ感に癖があるので覚えておきましょう。

ドレスとカジュアルのバランス

wear

出典:WEARWEAR

ライダースはレザー素材が主流ですが男らしさが強く、ドレスとカジュアルのバランスがよく取れたアイテムです。そのためその他のアイテムの印象を助長しやすい特徴があります。

Tシャツにデニム、スニーカーといったスタイルではさらにカジュアルになりますし、シャツにスキニー、革靴のスタイルにに合わせるとがっちりモード系のコーデに偏ってしまうといったイメージ。
ライダースを除いたときにドレスとカジュアルのバランスが取れているようなコーデを組むよう意識することがカギになりますね。

トップス、パンツ、シューズの3点で考えるのであれば、うち2点はキレイめのアイテムで固めると日本人のスタイルに合った品のあるスタイリングをつくれますよ。同じ男らしさでも大人なメンズスタイルを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はライダースジャケットの種類と着こなすコツを紹介しました!

いままで手に取ったことのない方にとっては抵抗があるかもしれませんが、イメージよりも使い勝手の良いアイテムですよ。

この記事を参考に取り入れてみてはいかがでしょうか^^

コメント